yuiさんとFLOWER FLOWERに関する色んなことを。古い記事も更新します。
来場者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

TrackNo,774

Author:TrackNo,774
暇を見つけてぼちぼちと。YUI好きです。
モットー
他力本願、我田引水、換骨奪胎。
リンク先が切れていたら、コメントでお知らせいただけると嬉しいです。

月別アーカイブ

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



【雑誌】YUI 赤いテレキャス 【BACKSTAGE PASS】

...2012/02/20 03:03...

YUIファンならぜひ読んでおきたいYUIのアーティスト面以外の色んなことがわかるこちらのコーナー。
BACKSTAGE PASSの「赤いテレキャス」

参考記事→赤いテレキャス

2005年7月(コーナーは無し?)
リンク
B-pass 2005 07 YUIB-pass 2005 07YUI 17歳


YUI 映画の為に書き下ろした、YUI待望の新作「Tomorrow's way」に込められた想いとは



2005年8月 (画像のみ)
B-PASS 2005 08

新連載/YUI「赤いテレキャス」vol.000

本棚を整理していたら昔のB=PASSが出て来ました。
B=PASSといえば "YUIの赤いテレキャス" というコーナーがありましたね。
この連載は2005年8月号からスタートしています。

この時は準備号ということでvol.000になっており、大阪BIG CATでのYUI 3度目のライブレポが掲載されています。

ちなみにメジャーデビュー後、ストリート以外での初ライブは2005年4月23日福岡イムズホールにて、2回目のライブは同年5月9日にコンベンション(関係者にお披露目)ライブとして渋谷 egg manにて開催されています。

イムズでのライブはMTVで少しだけOAされたことがあります。
コンベンションライブもフルではないのですがOAされました。
でもこのBIG CATのライブは映像を見たことがありません、、、 

冒頭 ~2時間用意されていたリハーサルも残り数十分で完了しようという頃、本番最後に弾き語りで歌う予定の「feel my soul」サビのコード進行が、頭の中から飛んで消える。「どうしよう、ド忘れしちゃった」 何度記憶をなぞっても左手は、慣れ親しんでいるはずの軌跡を描いてはくれない、、、中略、、、そのまま口を開かずにYUIはステージを降りてしまう。~ と書かれています。
頭で覚えている歌詞を忘れることは、、、割と良くあります。
しかしギターを弾く者が "何度も演奏して体で覚えた曲のコード進行" を忘れて思い出せないことはまずありません。 それは "体で覚えた自転車の乗り方は何年乗らなくても忘れない" 感覚に似ているかも知れません。
この時はそれくらい緊張していたんだと思います。

そしてこの回はライブ終りにこう締められています。
~関係者挨拶でフロアへ再び出る時を待つ間に、ビッグキャットの通路にあったホワイトボードのスケジュール表へ何かを記したYUIは、マネージャーへ嬉しそうな声を掛ける。
「お竜さんお竜さん」「ん?」 " YUI 2005.6.7 ありがとうございました!! " ~
そしてピースをする姿、ハイタッチをする姿、雑誌掲載されたものには珍しく笑顔の写真が添えられています。
その表情からはライブをやりきった達成感と充足感が感じられます。

Sony×FM802
You are the NEXT! Project Gottcha! YUI 2005.06.07
set list
01. Free bird
02. feel my soul
03. LIFE
04. I know
05. It's happy line
06. Good bye to you (Michelle Branch)
07. Just my way
08. Why me
09. Tomorrow's way
10. feel my soul   

この後赤いテレキャスは2006年12号まで連載が続きます。
面白い企画や垣間見ることができるYUIの素顔がとっても素敵なので、機会があれば辿って行きたいと思っています。


2005年9月
B-pass 2005 09 YUI

2008年10月16日 YUIの赤いテレキャスvol.001
今日は赤いテレキャスのvol.001をたどってみます。(B=PASS2005年9月号掲載)

連載1回目は、前回の大阪ビッグキャットのライブからの1ヶ月を振り返っています。写真はYUIと当時のマネージャーお竜さんが携帯で撮影したものだそうです。

6/7(火) 大阪ビッグキャットライブ
私にとって重要なライブのひとつですね。翌日もキャンペーンがあったんですけど、ここで全部使い果たしたと言っても過言ではないくらい。後ろの方まで隙間がないほどたくさんの人が来てくれて、うん、すごく嬉しかったですね。大阪についてすぐに"甲賀流" のたこ焼きを買いに行ったんですけど、普通とネギポンともうひとつは…とにかく3種類をみんなで分けて食べて。そしたら差し入れでもたこ焼きを戴いたので、たこ焼き三昧(笑) 地元の人に "たこせん" も美味しいよと言われたので、次は食べてみたいです。
前回のvol.000でふれた様に、あの笑顔の写真は "やりきった満足感" の表情だったみたいですね。

6/8(水) 大阪キャンペーン
詳細は書かれていませんが、時期的にTomorrow's wayのキャンペーンだと思います。

6/9(木)、6/10(金)、6/11(土) 音源製作
詳細は書かれていません。

6/12(日) ラジオ収録
関東で2週のみだったんですが、初パーソナリティーだったので、自己紹介しつつ、弾き語りしつつ。東京の人が福岡の人はラジオが聴けて羨ましいとか書いてくれてたから、ちょっとうまく喋れないところもあって悔しいなぁって思いました。
、、、やっぱりグダグダだったんでしょうか?(笑)

6/13(月) 取材
詳細は書かれていません。

6/14(火)、6/15(水) 北海道キャンペーン
雪のない北海道は初めてで、景色が全然違いましたね。緑が青々しくて、空気はレモンスカッシュみたいな、こう、キリっとしてる感じ。ラジオと一緒にTシャツを作る企画があって、その打ち合わせをしながら夜ご飯を食べて。北海道は魚介類も美味しいんですけど、個人的にはじゃがバターがおすすめです。いや、何気にオイシーから!

15日は夢チカという番組で、大自然の中でTomorrow's wayを弾き語たるという企画があって。朝の大通り公園でまず歌って、羊ヶ丘に行ったら大勢の修学旅行生の中、羊にはすごい勢いで逃げられながら歌って。自然の中は落ち着くし、ギターも生音でジャカジャカ弾けるんで気持ち良かったですね。普段のキャンペーンではなかなか名所に行く機会ってないので、それも単純に嬉しかった。
この様子は夢チカでOAされましたね。嬉しそうに猫を抱きかかえるシーンも印象的でした。

6/16(木)、6/17(金)、6/18(土) 音源製作
レコード会社の地下のプリプロルームで、作りっぱなしになってる曲を思い出す → 吐き出す → 形にする作業をしたり、ギターを抱えて試行錯誤して仕上げたり、レコーディングスタジオで歌ったり。
あとはピアノも弾いたりしてます。


ピアノを弾く姿は "不完全な僕らに対する解答" でfeel my soulを弾き語るシーンがOAされていましたね。柔らかいタッチが特徴的だなぁと思って見ていました。画像はその時のものです。

6/19(日) ラジオ収録
マネージャー「この日は迎えに行こうと思ったら車がパンクしまして」。で、私は急遽、電車で行くことにして。番組の決まりで "何か食べながらやる" というのがあって、私はホットドッグを食べました。
遅刻の理由に「車がパンクしまして、、、」って言うヤツいるよな。(近藤さん風のコメント)

6/20(月) 打ち合わせ
詳細は書かれていません。

6/21(火) テレビ収録
"音楽戦士" はトークはなくて演奏だけで。2ndシングル "Tomorrow's way" を歌ったんですけど、私が椅子に座ってギターを弾いて、後ろにいつものバンドのメンバーがいてくれて。だからテレビとライブ、お客さんが目の前にいるかいないかだけの違いだっていうのはわかってるんですけど、やっぱりテレビは緊張しますね。画面の向こう側にいる人に歌が届いたらいいなぁと思います。

掲載はたった1ページしか無いのですが、まだ半分も行ってません
To be continued...



2005年10月
B-pass 2005 10 YUI




2005年12月(Amazon無し)
B-pass 2005 12 YUI

YUI YUI楽曲の中では、アップテンポでロックな印象。新曲「LIFE」について語ります!
YUI連載
「赤いテレキャス」vol.004

ブログ人赤羽王子(Road to 岩見沢)- 魔女の宅急便とYour Heaven

(前略)というのもYUIにとって「魔女の宅急便」はとても大きな存在だということを示すインタビューがある。BACKSTAGE PASS2005年12月号の「赤いテレキャス」でYUIは映画について語っている。以下引用------------------------

■今回は好きな映画について聞いていきたいと思います。

「宮崎駿さんの作品、ジブリ系は小さい頃から好きで。この前も仕事でホテル泊まりを5日間した時に、『魔女の宅急便』をテレビでやるっていうのを新聞で見て、スタッフの人と”あるね~”みたいな話をしていて。仕事が終わってギリギリ最後だけでも観れるかもってなったら、もういっしょに走って帰って、急いで部屋のテレビを付けて。でもホントに少ししか観れなかったんで、時間を見つけてDVDを借りてまた観ました。「魔女の宅急便」はすごい好きですね~。なんか名言があったんだけどな……絵描きの女の子とキキが夜一緒に話してて、絵を描く子が、えっと、“絵描く才能とか、魔女の血っていうのは誰かに与えられたもので、おかげで苦労もするけど”みたいな。ああ、今めちゃくちゃ観て確かめたい! とにかくその場面を観て、自分が思ってることと重なるなって思ったりとか。小さい頃は「トトロ」ばっかり観てたんです。よくテレビでやってたから。だけどジブリ作品の主題歌とかできたらいいですよね。私「紅の豚」を観て、勝手に曲作ったりしたんですよ」(後略)

この前後の考察も面白いのでリンク先もどうぞ。

2006年1月

2006年7月

商品の説明 内容説明 YUI REAL DAYS-6月には主演映画『タイヨウのうた』&主題歌「Good-bye days」を世に贈り出す話題がつきないYUI、本誌初の巻頭特集



2006年10月

シンガーソングライター YUIのまとめサイト

チェックしてきましたー!
YUIさんの写真がどぉ~んと!うつくすぃ~w
結構ボリュームのある記事だったのですが、その印象をまとめると・・・

いままでは、扉を開けて前に一歩すすもう的な楽曲が多かったのですが、今回の「I remember you」では、誰かのために生きているという感じのテーマでつくられていて、映画に出演したことで成長したことが書かれていたような気がします。
「繋がり」という言葉もあって、いまnobuさんがみなさんと企画を進めている、「YUIファンの“It’s happy line”改」も、その「繋がり」に想いを込めているので、ぴったりの企画じゃないかなぁ~と感激しています!!

そして、毎度おなじみの連載"YUIの赤いテレキャス"では、なんと「YUI画伯のやさぐれぱんだ」が披露されています!!必見です!!



2006年11月(表紙画像無し・堂本光一)YUI「赤いテレキャス」vol.015
B-pass 2006 11BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2006年 11月号


2006年12月

シンガーソングライターYUIのまとめサイト

BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2006年 12月号にYUIさん連載!!2ndアルバムについてふれている模様w
BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2006年 12月号 [雑誌]

オフィシャルサイトのメッセージボードで、YUIさんのセカンドアルバムの話題がもりあがっていますね!!

B-PASSの12月号 YUI「赤いテレキャス」で、その件について少し掲載されていたようですが・・・準備中ということで。。まあ、1Stアルバムの次は、2ndアルバムですもんね(笑)

正式発表をたのしみに待つことにしましょう!!
Rolling starはアルバムに入るのかな??




2008年4月(表紙・巻頭特集も)

商品の説明 内容説明 巻頭特集 YUI 1年9ヵ月ぶり、2度目のYUI表紙巻頭特集。新作「Namidairo」で描かれた女子心をテーマに、しっとり優しい雰囲気の写真と、武道館以降初の彼女の声をたっぷりとお送りします。久しぶりの“赤いテレキャス”も復活。あわせてお楽しみください!



2010年8月(一時復活)(表紙・巻頭特集)

巻頭特集 YUI 約2年振りに完成させた4thアルバム『HOLIDAYS IN THE SUN』と共に、YUIが久しぶりに表紙巻頭特集で登場! キラッキラの写真とYUIの素直な言葉を存分にお届けします。伝説(?)の連載コーナー「赤いテレキャス」もレア企画で! 特別付録! ポストカード


ブログ人赤羽王子(仮) BACKSTAGE PASS 2010.8 YUI

今日はネットで注文しておいたこいつをコンビニまで取りに行ってきた。バックステージパス8月号 いよいよYUI関連の出版ラッシュが始まった。アーティストが雑誌に出るのはアルバムリリース&ツアーの時だけ。わかりやすい。

ああ、なんかますますYUIのイメージが変わってきている。いままでのYUIは「岩?」ってぐらいに固い表情で怒っているような目をしていたのだが なんだろう?この表情。完全に女の子モードだ。髪もいい感じに伸びてきた(エクステらしいが)。これでは世間の男女100人中99人は「YUIカワイイ」と思ってしまう。それは困るな。ますますライブチケットがプラチナ化してしまう・・・。

まだアルバムを聴いていないのにアルバム全曲解説インタビューを読んでもピンとこないが どうしたんだろう?今回のアルバムは恋に関する曲が多い気がする。23歳という年齢を考えると当然なことかもしれないが YUIがYUIたる所以が今回のアルバムからは失われつつあるかもしれない。いままでのインタビューからは考えられないほどYUIが饒舌に感じられた。YUIはいつまでもジーンズにパーカーで「おんな高倉健」でいてくれると思っていたのだが。そして なぜか「赤いテレキャス」も復活。う~ん、ファミレスで読みながら もう1冊 買っておくべきだと決意した。 それにしても表紙のYUIのカワイさは反則だ。落ち着かなくさせられる。

低空飛コウ

まずはB=PASS。表紙もYUIさんです。

中の写真は笑顔の写真ばかりで、かなーり爽やか。芝生でのショットが特に自然で好きです。

インタビューではアルバムの曲紹介だけじゃなくて、ある5つのテーマで話していたりもします。

それがほかの雑誌よりYUIさんの日常や内面を映し出していていいですね。

免許の話で運転がこわくてかなり慎重派だったってとこが一緒でなんかうれしかったです。同志!

ま、私は学科は全部一発だったけどね~(笑)…すいません。

そして、懐かしの赤いテレキャス復活!まさかの折り紙マスターYUIさん。すげぇ。私は鶴すら怪しいぜ…。

ページめくったらYUIさんだったんでびっくりしました。

カラフルな服着て笑ってる2ページ目の写真が好きです。

あんまり週刊誌読むことないですが、たまに読むと内容がなかなかおもしろいよね。



2011年12月号(一時復活)

YUI
アルバム全曲解説に、ツイッター質問、そして赤いテレキャスも復活!かわいいワンコも参加で、YUI新作を大特集

YUI BACKSTAGE PASS 2011年12月号!

YUI

アルバム全曲解説に、ツイッター質問、そして赤いテレキャスも復活!

かわいいワンコも参加で、YUI新作を大特集

とにかくワンちゃん&衣装が可愛いYUIさんです

関連記事
スポンサーサイト








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://aboutyui.blog118.fc2.com/tb.php/289-211441ad
CALENDER
09 ⇔ 2017/10 ⇔ 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Music J-POP
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
タイヨウのうた グッズ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。