yuiさんとFLOWER FLOWERに関する色んなことを。古い記事も更新します。
来場者数
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

TrackNo,774

Author:TrackNo,774
暇を見つけてぼちぼちと。YUI好きです。
モットー
他力本願、我田引水、換骨奪胎。
リンク先が切れていたら、コメントでお知らせいただけると嬉しいです。

月別アーカイブ

【LIVE】YUI 3rd Tour 45th Street 大阪国際会議場(グランキューブ)  (2008.7.18/19)

...2011/12/02 11:07...

引用元→FROM ME TO YOU - 「YUI 3rd Tour IN 大阪 ~ライブ前編~」 

「YUI 3rd Tour IN 大阪 ~ライブ前編~」
東京公演後、さすがにもう終わりだと思っていたところに
“たけまりさん”から最終日のチケットが一枚余ってるとの朗報!!

席が一階の最後列から3列目と悪目でしたが、そんなの関係ない!
行けるだけありがたく、なんとか仕事を終わらせて行きました!
(土曜だったけど、結構仕事がやばくて焦りました^^;)

ということで、新大阪到着からどうぞ!!

新大阪にてたけまりさんにチケットを受け取りました。
お互い緊張してあまり喋れなかったですが、とりあえず また会場でお会いしましょうということで一端お別れ。(たけまりさんはお姉ちゃんを空港まで迎えに行くそうでした)

一人になって、しかもなにも調べてきていない僕はアノ方に連絡し、大阪観光に同行さてもらうことにしましたぁ~
“やーはさん”色々お世話になりましたぁ~^^

ということで、まずは合流し、
牟田さんがおすすめしているお店『くいしんぼ』へ

大きな地図で見る※これのAかBみたいです。 Aが本店だけどアメリカ村が近いからBかも。

さすが大阪! お好み焼きなどにご飯がついてきます!!

まずはドテ焼き

そしてお好み焼き定食!
これご飯と一緒に食べるためにソースとか多めに味を濃くしてるのかなぁ~
どちらにせよ美味でした!!
また行きたい!!!

その後、アメリカ村へ
目的は、YUIが以前イベント時に抜け出して買ったという『甲賀流』のたこ焼き

常に人が並んでるようなお店でした!

ほんとネギがたっぷりで、本体が見えません!
僕はスタンダードにソースの方を食べました!!
お好み焼きを食べた後だったんですが、なんなく平らげました!
コチラも美味!! ネギが良いです!!
ちなみにポン酢のも中々でしたよ!

アメリカ村は若者でごった返しました!
奇抜なファッション系のお店が多かったかなぁ~
僕はあんまりそそられなかったなぁ~^^;

流れに沿って、道頓堀へ

グリコキター!!!
近くで見るとやっぱり感動しますねぇ~
もう少し見ていたかったのですが、なんせこの日は汗ダクダクの真夏日でしたので、そそくさと次へ

そういえば道頓堀へ行く途中に謎の像を発見!!

フェアプレイ像!
なぜにここに!? これなぜに!!?

道頓堀では、ちまたで噂の『くいだおれ』にも寄りました!

もうシャッターが閉まっており、お店自体もやっていません。
かなりの人が群がっていました。

どうやら“くいだおれ太郎”は旅に出たようです。

この後、ある場所を探しながらフラフラしていると、

『自由軒』なるお店を発見
やーはさん曰く、ドライカレー発祥のお店だとか! かなり興奮されてました!(笑)

確かにおいしそうな“名物カレー”

とりあえず、コレを食べるのはさすがに、、、、って事で

“なんばグランド花月”へ

さすがに中は見ませんでしたが、グッズなどをちらほら見て、無料で見れるとこは全部見てきました! グッズ売り場のレジの子が異様に可愛かった!(笑)

吉本笑店街で台湾の“チャーミーアイス”を発見!

かき氷のような感じで、練乳の味がします!
ふわっと溶ける口解けでおいしかったです!
いま、微妙に来てるみたいですよ!(笑)

道頓堀を後にし、めざすアノ塔まで歩いて行きました!
意外に遠かったぁ~

歩いた分、見えてきたときの感動は凄かったです!!

で、ここら辺で“ハル君”から電話があったことに気付き、電話すると、出待ちは微妙だったけど、カジさん牟田さんにサインをもらったとの事!!

携帯に書いてもらうという秘技!(笑)
羨ましかったです!!

話は戻って、通天閣の下でまずは“冷やしあめ”

ほんと飴の味!! すごかった!!

通天閣入り口からワクワクして上がっていくと、更に上がっていくエレベータで30分待ち!!
この時点でライブがギリギリになってしまうため、断念!
“ビリケン”さんの足触りたかったなぁ~

ありがとう通天閣! また来年!(笑)

ということで、会場に向かったのでしたぁ~


随所にYUIネタがあるのが楽しい。元記事には画像もふんだんなので、ぜひご覧ください。

こちらがライブ本編
FROM ME TO YOU - 「YUI 3rd Tour IN 大阪 ~ライブ編~」

会場に到着し、着替えて武道館ライブ以来のMARIさんとerikoさんと合流~
今回はお二人とも旦那さん・彼氏さんとご一緒でしたぁ~

そして、会場に移動
会場では、いつもの高橋さん、ハル君、ユウヒ君など若い衆と挨拶をして場内へ!

さっ!最後のライブレポスタートです!!

---------------------------------------------------
会場には洋楽のBGM
最終日だけど、空席もちらほら。
きっと行きたくても行けなかった人達の場所なんだろう
それでもほぼ満席になり、開演を待つ場内

BGMが徐々に小さくなり街の雑踏の音になる
会場が暗転し、ステージ上のスクリーンにYUIのPV・ライブの模様が流れる
場内は既にオールスタンディング

バンドメンバーが現れ、続いてYUIの登場
アコギを手に取り、準備OK

街の音が徐々に止みはじめる。
かぶさるようにイントロが始まる!
---------------------------------------------------

1.Laugh away
イントロにドラムのシンバルの音が加わる。
『大阪ぁ~~!!』
来たッ! ついに25公演にも及ぶツアーの最終日がスタートした

ツアー序盤で思いついたかのようにやってみた『手をのばしてぇ~』
最初の方は反応も鈍かったこれも最終日には会場の手が天めがけて伸ばされた

2.My Generation
16歳の時の決意を歌ったこの歌
決意から5年。 5年の歳月はYUIにとって早かったのだろうか?
それとも長い道のりだったのだろうか?

ステージ上のスクリーンにPVと同じようなテーマの映像が流れています
多分、PV撮影時に取っていたものではないかなと思われます
My Generation監督の久保さんのブログでは特に書いてませんでした
もしかしたら別な人がとったのかもしれません


3.Free Bird
1st singleのカップリング曲
デビュー当時ライブでよく歌われていた曲でもある
3rdツアーからの歌唱力を一気に上げてきたYUIが今歌うと凄い!
すでにセルフカバー??

ラストの“Let be your life”はシャウト!!!
昔は恐る恐る高音を出してたのにね。

---------------------------------------------------
■MC
ここでMCが入ります。
『まいど!』

まさかの挨拶に笑みのこぼれる会場

『今日はみんなさん来てくれてありがとうございます。』
『今日、ツアーファイナルと言うことで盛り上がっていきましょ~う!』

ライブ独特のギター音から始まるあの曲のイントロが流れ始め、手拍子を煽るYUI
---------------------------------------------------

4.CHE.R.RY
曲に合わせ、カラフルに彩られれたステージ
イントロを口ずさみながらアコギを楽しそうに弾くYUI

サビの英ちゃん、カジさんのコーラスがやっぱり良い!
Dメロ時にYUIをはさんでリズムを取り合ってるのがカッコよかった!
もうYUI BANDになっているような気がする


5.Find me
しっとりとした中にもROCKな部分が随所にみられるこの曲
英ちゃん・カジさんの追っかけコーラス、カジさんのソロ
やっぱりこのメンバーが良い


6.I will love you
ゆったりしたじっくり聴きたい曲 ドラムが心地良い Dメロがぐっとくる

--------------------------------------------------
■MC

『ありがとうございます。』
『今日から夏休みですね。ポ~ニョポニョ・・・ポニョも今日から公開ですね。』
唐突な“崖の上のポニョ”のテーマソング!
会場からは『YUIぃ~!!』の歓声が止まらない

『新曲を聴いてください。SUMMER SONG』

---------------------------------------------------

7.SUMMER SONG
アコギの音、ドラムの跳ね、ROCKじゃないんだけどROCKなノリ
やっぱりテンションが上がってしまう
会場のテンションもぐっと上がる
“真っ赤なブルー”の演出のところがとても印象的、いつ見ても良い!

--------------------------------------------------
■MC

『ここからはゆったり座って聴いてください。』
これもツアー途中から取り入れた演出
最初は探り探りだったのが、最終日にはお手のもの
---------------------------------------------------

8.Understand
ステージ上のスクリーンには、親子をテーマにした切ない感じの映像が流れる

座っていると感情を落ち着かせることが出来て、曲がすっと入ってきにくいかなぁ~と思った。僕だけの話、


暗転中にバンドメンバーは一端下がる
『はい、、、 アルバム。。聴いてくれた人?
ありがとうございます。とっても気持ちのこもったアルバムになってます。
それではそのアルバムの中から一曲弾き語りで聴いて下さい。』

9.Namidairo
ギター一本での弾き語りのNamidairo
この曲の弾き語りはほんと圧巻

A,Bメロとサビの歌い方、ギターの鳴らし方 鳥肌ものです
特にサビの力の入れ方はヤバイ


再びメンバーが戻ってきて
10.My friend
『大切な過去を歌った曲です。My friend。』
過去を歌った曲、こうゆうのに弱いです
小さな頃の想いがなんとなく思い返される
別にこの歌詞のようなことを経験してきたわけではないんだけど、なんとなく切なくなる そこら辺がやっぱりYUIマジック!


11.TOKYO
『上京したときに書いた曲です。TOKYO。』
いつもの弾き語りverではなく、バンドを音も含めたver
今回のツアーで初披露 初日聴いたときはビックリした。
これこそすでにセルフカバー?

曲が終わってから『TOKYO作ってくれてありがとう!』などという歓声がおこった

どの曲だったか忘れたけど、
『YUI~』『はい~』
『聞えてるぅ~?』『聞えてるよ』
『何で大阪最後なん?』『何でなんだろうね?』
などとお客と会話するシーンもありました
『武道館DVDなんで出さないの?』『なんでだろうね?出して!』
などという会話まで!(笑)


---------------------------------------------------
■MC
『おおきに!』
今回終始、関西弁での挨拶

『ツアーファイナルですが、何か思い出はありますか?英ちゃん』
と、いつもの用にメンバーに話を振る

いろんな土地に行って、移動中も色々行ったり、おいしいもの食べたり、打ち上げしたりと思い出話をしておりました。
ご当地まりもっこりも集めてて、結構集まったとか。
結局、こんなに毎日のように飲んで食べてを繰り返してよくここまで来れたなぁ~という話になっていました。(牟田さんより)

カジさんに関しては、やはり東京公演で“ミートグッバイ”をしてしまった話(笑)

『じゃ、くいだおれ人形のモノマネやって』
『え!?まじっすか?? 油断してたぁ~』
『最近やってなかったから油断してたでしょぉ~(笑)』
『いや~・・・ 油断してたなぁ~ じゃ、じゃぁ~』

・・・・くいだおれ人形の動きをマネするカジさん!
意外に動きは完璧に似てた!!
『こ、こんな感じですよね? ・・・・あ~ 誰か買ってくれないかなぁ~』
だったかな?結構ブラックでした(笑)
『今、旅に出てるんですよね?』
『あっ、そうなんだぁ~』

『YUIもやって~』
『え~ 無理無理無理!』
『やって~』
『あめちゃんあげるでな、勘弁したって~!』


ツアーファイナルと言うことで、ひとしきりツアー中の思い出を話したところで、
『それじゃぁ~ 後半も盛り上がってくれますか!?』
『盛り上がって行きましょ、しょ、しょ、しょしょい!!!』
---------------------------------------------------

12.How crazy
再び会場全体が自然にスタンディングになる
ここからROCKなナンバーが続く

Bメロがやっぱりノレる!
カジさん・英ちゃんもここはノリノリ!
Dメロ後の『How crayz~!!!』は最高!


13.Rolling star
ドラム音の後に爆破!!
会場のテンションもYUIもメンバーもテンションがあがる

ラストの『泥だらけRolling star~!!』には鳥肌が立った
やっぱり成長してる。CDより声が綺麗でカッコいい!


『メンバーを紹介したいと思います。』
『ベース!エイちゃん。』 ラストは演出付き!! カッコいい!!
『ドラム!ムタちゃん。』 いつもと違い、アレンジ感がカッコいい!照明ピカピカ!!
『ギター!カジちゃん。』 紹介後に“デッ、デッ、デェ~ デ、デ”
なんと“Happy Birthday to you you”のイントロ!!
すると『Happy happy 3rd tour お疲れ~♪』な、なんとカジさん熱唱!!! しかもうまい! さすが!
これ、バンドメンバーのサプライズだったようです!

『わぁ~ すごい!! ありがとうございます!』とYUIも困惑しつつも喜んでる様子!

『コンピュータ!!てっちゃん!』なんと、てっちゃんステージ上に登場!!
キーボードをぶら下げて、音を巧みに操ります!
YUIが寄ってきて、YUIもキーボードをいじくる(笑)

『ギターボーカル!!』
ギターをバーンと叩き、歪ませた音を出す
『YUIッ!!!』


13.No way
2ndツアー時の“RUIDO”も良かったけど、この曲こそROCKでライブ栄えする曲!
ライブだけのラストが長いバージョン!
『やってられないよ! No way! ・・・ No way!!!』
ラストのシャウトも良い


14.Daydreamer
スピード感がありドラムの跳ね具合が良い
この疾走間がたまらない
『ね~ぇ スリルが欲しくなるぅ』のところのカジさんのノリがカッコいい
音が止まった後の“I change me”は最高の見せ場!


15.Love is all
アコギに持ち変え、疾走してきた流れにバツッと槍を入れる
最高に感情のこもった歌い方をするこの曲

Dメロの“望んでる答えも見えるけど あぁー”のところは圧巻
YUIのまっすぐな感情のこもり具合になんだかこみ上げてくる


16.Highway chance
エレキへと持ち替える際に メンバーによるセッション
怪しげなライトが会場中を照らす
“でも~”でYUIが照らされる!

2番Aメロの“人生なんてそうそう たやすく見逃してくれない”の演出がやはりカッコいい!!
YUIの歌と牟田さんのドラムだけ、2人だけを照らすスポットライト
ラストのYUIvsバンドメンバーのような構成はLIVEならでは


『ありがとうございます。次で最後の曲になります』
会場から『え~』という声。
『聴いて下さい。Am I wrong?』

17.Am I wrong?
3rdアルバムのラストでもあるこの曲
本編を終えるにふさわしいナンバー

『Am I Wrong?』
最後を歌い終え、『おおきに!YUIでした』と言い残し、大声援の中 去っていくYUIとバンドメンバー

その拍手は止むことなく、そのままアンコールへと変わる


アンコールの拍手の際には、ステージ上のディスプレイには
『YUI 3rd Tour oui I LOVED YESTERDAY』
の文字がいろんな形で映し出されていた

---------------------------------------------------
ここまで、ツアーTシャツを着て登場していたが、さすが最終日
なぜか“阪神タイガースのハッピ”を身にまとったバンドメンバーと“阪神タイガースのキャップ”をかぶったYUIが現れた!

これにテンションの上がる会場!
キャップが似合っていたが、とりあえず脱ぎ、丁重に置き、(笑)
『アンコールありがとうございます。久しぶりの曲を聴いて下さい。Tomorrow's way』

---------------------------------------------------

18.Tomorrow's way
曲紹介されたあとの会場は歓声に包まれていた
ファンにとっても久しぶりで、聴きたい一曲

壮大な命をテーマにしたような曲
歌詞がとても凄い
“引き返せない道に立っている”“叶えるために生まれてきたの”


『アンコール まだまだ、盛り上がって行きましょう!!』

19.HELP
ライブでは定番中の定番曲
サビの手拍子を促すYUI
やっぱりこの曲がないと!

間奏では『ジャンプしよ!ジャンプ!』と会場に促す
国際会議場だろうが関係ない! こちとらROCKなんですよ!(どっかの誰かが言ってた(笑))

ラストはサビを『も~一回!!』
指を突き出し一緒に叫ぶ観客も少なくなかった


20.OH YEAH
『ワン、ツ-、ワンツ-、ワクワクゥ~~』
テンション高いままYUIのカウントでスタート
ドラム・ギター・ベースともども跳ねていてとてもノリの良い曲

Dメロの『そろそろ動き始めるよぉ~ YHEA~!!』後
ドラムのリズムだけが残る
何かを待つYUI
英ちゃんのベース音が始まりの合図なのだ!

お祭り団扇にキャップをかぶりなおし、コール&レスポンスの始まり!
『みなさんの声を聞かせてください!』
『後に続いてぇ、OH~ YEAH~』
『OH~ YEAH~』

数回やったあと、

『おぉ~さか~』
『おぉ~さか~』

続いて『おこのみやきぃ~』『たこやきぃ~』『いかやきぃ~』『ビリケンさ~ん』『阪神たいが~す』

ツアー途中から取り入れられたラップ調コール&レスポンスに突入
『なんでやねんねねんねねんね~ん』
『なんでやねねんねんねねんね~ん』
徐々にスピードアップし、徐々にシャウトし始めるYUI!
もうこれ以上無理!というととこでスタンドマイクに移動し、
『YEAY!』『YEAY!』・・・・『YEAY~!!』
紙テープ発射!!!
これもYUIに内緒のスタッフからのサプライズ!!

確かこの曲中に英ちゃんにキャップをかぶせられ、斜めにかぶってたのがヤバかった(笑)


21.LIFE
まだまだ続くアンコール
YUI初期ROCKの原点ともいえるこの曲

会場とYUI、バンドメンーはこの時すでに一体化!


『ありがとうございました。』
『今日は皆さん本当にありがとうございました。』
『ファイナルと言うことで、全然実感なくて、明日からまたツアー行ってきます!みたいな感じなんです。』
『本当に今日は素晴らしいライブにすることが出来て、嬉しく思っています。

『それでは、最後の曲聴いて下さい。Good-bye days』

22.Good-bye days
ギター一本での弾き語り
僕がYUIを知るきっかけとなった曲
あの頃よりもどんどん成長していくYUI
きっとこれからも応援し続けて行くと思う。。。いや、していきます

結局、生声、あぐらでやったのは北海道と京都(だっけか?)
京都は半ば強制的にやったような噂
北海道の時のあのサプライズは今でも忘れない

最後のギター音を聴くと終わりなんだと実感


Good bye-days オーケストラverが流れ始め
『ありがとうございました。YUIでした。』と言って。いつもどおり左右に手を振りに行こうとすると、舞台袖からメンバーが大きな花束を持って登場

一人ずつマイクで『お疲れ様!!』との一言があり、花束を受け取るYUI
英ちゃんにもらった時点で自分の顔も隠れ、一杯一杯!(笑)

最後にメンバー含めて礼!
メンバーが下がって、半束を低調にころがしの上に置き、
再び左右・中央に手を振り、深々と礼をするYUI

脇の下を押さえながら手を振るのもツアー途中から定番化です!(笑)
礼をし終わったYUIは花束を抱えようとするが、持ちきれないと判断し、花束に両手を合わせて“ありがとう”とし、舞台袖に消えていきました。


ダブルアンコールを期待する観客もいたが、ツアーファイナルにふさわしく“エンドロール”が流れはじめ、これで終わりなんだと納得
最後には、スタッフ全員とYUIの写真が映し出され“the end”

関連記事
スポンサーサイト











この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://aboutyui.blog118.fc2.com/tb.php/210-e5011909
CALENDER
10 ⇔ 2019/11 ⇔ 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Music J-POP
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
タイヨウのうた グッズ
RSSフィード